週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2020/11/28

新代表に吉村氏選出

「大阪維新の会」代表選挙 


▲新代表に選出されあいさつする吉村氏

 政治団体・大阪維新の会は11月21日、「大阪都構想」の再否決を受けた代表の松井一郎大阪市長の辞任に伴う代表選挙を行い、新たな代表に吉村洋文大阪府知事が選出された。吉村氏は大阪府市一体の「ワン大阪」を目指す考えを示し、大阪の成長の実現への意気込みを口にした。一方、代表選挙に立候補した大阪市議は、都構想の3度目の住民投票の挑戦を掲げたが、吉村氏に大差で敗れた。

「ワン大阪」目指す

 都構想が否決され、同会の立て直しが必要な中、新代表に決まった吉村氏。都構想の住民投票では、松井氏と共に精力的に住民に訴え、知事としても新型コロナウイルス対応で発信力を見せてきた。

 所属議員からは「看板は吉村しかいない。これまでの維新の改革マインドを、さらに広げてほしい」との期待や、「代表代行として一生懸命やってきた」などと評価する声が聞かれた。

 吉村氏は選出後の会見で、「ワン大阪」について「府市一体で実行する組織、統治機構を目指すのは変わらない。都構想のときもワン大阪、副首都を目指すのが目的だったので、目的がぶれているわけではない。都構想ではない手段で、この目的を達成できる統治機構は何かをこれから追求したい」と表明した。

 その道筋を登山で表現し、「山の頂上の登り方が都構想でなくなった。別の登り方がないか、今は道はないが目指すべき頂上は一緒なので、東の東京に対して西の大阪と言われるような大都市、東京に何か問題があったときにバックアップするような成長する大阪を実現したい」と将来を見据えた。

 一方、代表選に立候補した片山一歩市議は、都構想の3度目の住民投票への挑戦を訴えた。片山氏は「無投票という情報も出ていたので、それは良くないと思った。議論をしないといけない」と立候補の経緯を語り、都構想に対する思いについて「僕らはそれで来た。簡単に捨てられない」と、新代表の吉村氏に都構想を検討するよう望んだ。

 再び賛否が拮抗(きっこう)した2度目の住民投票の結果。吉村氏は「現時点の大阪維新の会で、3度目の都構想の挑戦はない」と明言。その上で「大阪維新の会として次の代表がどうするか分からないし、今は条例で府市がばらばらにならないようにできないか考えている。府市がばらばらになったときや、大阪の皆さんの声がすべきだと高まったときには、否定することもできない」と語った。

■大型施設が「平日営業」再開 USJ、海遊館でにぎわい

■新阪急、梅田OSなど閉館へ コロナ直撃°鼡ォのホテル業界

■本紙記者のコロナワクチン接種ルポ 手際よい会場運営。 接種も「あっという間」

■私のコロナ体験記 万全な医療体制でなくても治療が受けられれば救える命も

■人新世の「資本論」がベストセラー 大阪市立大准教授 斎藤幸平さんにインタビュー

■ワクチン予約、電話受付も 大阪市の大規模接種会場

■テナントは1日2万円支給 大規模施設への休業協力金 17日から受付

■矢田のまちづくりで協定 大阪市×日本GLP

■酒類事業支援金引き上げ 吉村知事「国と同額に」

■職域接種「柔軟、迅速に」 吉村知事、国へ要望

■スカイオでeスポーツ体験 南海電鉄、今夏開設

■大阪信愛中高、来年4月共学化 137年の女子教育転換

■「ご祈祷クッキー」完成 四天王寺大生がデザイン

■「ゴジラコマユバチ」と命名 府立大チームが新種のハチ発見

■コロナ労災313人 大阪労働局20年、府内

■募金型の電子看板設置 SDGs寄付で支援

■「お金・投資」本 売上2倍 楽天ブックス

■日本株も1株から買える 新米投資家記者の勉強会


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop