週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2021/1/16

無病息災の願い託し 

コロナ禍 異例の十日戎(とおかえびす)スタート


▲ビニールシートを隔てて参拝者を迎える福娘

 七福神の一つ「えびす神」を祭る各地の神社で1月9日、商売繁盛などを祈願する年頭恒例の祭礼「十日戎」が始まった。初日の「宵えびす」が土曜日と重なったことから大阪市内各地の境内でも人々が朝から分散で参拝。新型コロナウイルス禍の暗い年頭にあって、景気向上や無病息災などの願いをえべっさん≠ノ託した。

 このうち同市浪速区の今宮戎神社(津江英宮司代務者)では、検温・消毒の徹底や、授与所では奉仕者と参拝者の間に飛沫(ひまつ)防止用の透明ビニールシートを設置するといった対策を講じた。福娘たちはマスク姿で「ようお参りでした」と笑顔。かじかんだ手で福ササの枝先に数々の縁起物を取り付けた後、シートの隙間から「いい一年でありますように」と手渡した。

 静岡市から家族と一緒に参拝した永井益子さん(70)は「コロナで昨年よりも人が少ない感じだったが十日戎の雰囲気は楽しめた。今年は、まず無病息災を願いたい」と話した。

 今年はコロナ対策で露店出店の自粛や、道頓堀から芸者衆を乗せた一行が練り歩く恒例の「宝恵駕籠(ほえかご)」行列などの恒例行事が中止。また分散参拝のために福ササ授与を31日まで延長するほか、参拝自体を控えてもらうようホームページ上で福ササや祈とうの申し込みを受け付けている。

■府教育庁の新年度予算案 小学5、6年に独自の学力テスト

■感染者、すぐ入院できず 府内の高齢者施設 病床逼迫で入所継続に

■「希望の光。第一歩が始まった」 コロナワクチン先行接種

■藤田観光「太閤園」売却へ コロナ禍で業績悪化

■感染症研究のセンター設置へ 新設の大阪公立大に研究・提言拠点

■都構想住民投票「3度目しない」 大阪市議会

■とんがった*恃雌W示に 大阪パビリオン推進委設立

■公募区長の配置決まる 臣永氏、西成区復帰

■海洋堂ホビーランド来年4月OP スーパーに娯楽スペース

■心斎橋ビルに希望の樹¢蜊繧ゥら元気を

■「うめきた2期」いよいよ着工 梅田がみどり≠フ都市空間に

■新大阪駅に新エリア 3月にフードコート誕生

■新旧の大阪 光で再現 大阪城イルミナージュ

■ニュースを違った角度から 「国債は借金? 貨幣発行?」


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop