週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2021/1/16

「挑戦」の姿勢求める 

万博成功や活性化向け 関西経済界が強調


▲記者団の質問に応じる尾崎会頭、松本会長、深野代表幹事、古市代表幹事(左から)

 関西の3経済団体首脳は1月4日、大阪市内のホテルで開かれた大阪新年互礼会の年頭あいさつで、新型コロナウイルス禍からの経済活性化や2025年大阪・関西万博の成功に向け、見解や方針を示した。新型コロナ収束のため、個人個人が対策を徹底する重要性を改めて強調。経済の回復に向けては、ビジネスチャンスを見いだし、挑戦していく姿勢を求めた。

 大阪商工会議所の尾崎裕会頭は「今年はコロナを収束させ、再び大阪、関西の経済をV字回復する年にしたい」と意欲。「食い倒れの街」と表現される大阪の強みを分析しつつ、大阪・関西万博に向けて、「移動、食、エンターテインメントの新しい在り方を大阪から世界に発信したい」と抱負を語った。

 関西経済連合会(関経連)の松本正義会長は、新型コロナ収束には手洗いをはじめ、マスクの着用や「3密」対策の徹底を呼び掛け。収束後に向けては「昔と違い、アイデアを思い切って世に問うてみる雰囲気が少ない」と言及。先駆けて挑む「ファーストペンギンの心意気」をコンセプトにした具体策を展開していく方針を示した。

 関西経済同友会の深野弘行代表幹事は、デジタル技術で社会経済の変革を図る「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の広がりに期待を寄せ、「いろんな人が新しいビジネスチャンスを見つけていく」と、今年の明るい要因に着目した。

 古市健代表幹事は、新型コロナ禍での在り方について「ピンチをチャンスに変えていくのが基本スタンス」と位置付ける一方、心の豊かさを考える上では「関西で長年にわたって育まれてきた文化、芸術、スポーツを大切にしていかないといけない」と力を込めた。

■天王寺ミオ 今春大規模リニューアル 食や雑貨など約60ショップが登場

■事業の統括担当に4氏 スーパーシティフォーラム 特区指定目指す府・市

■官民連携ミナミ復興を

■チョコ選び ひとときの休息 医療従事者向け販売会

■遠隔販促≠ナ感染防げ 商業施設で近大短大生

■ビッグイシュー400号 ホームレス支え17年

■振り袖貸し出し無料撮影会 新成人先着100人限定

■「赤木ファイル」提出命令求める 森友自殺訴訟

■女子バレーJT 松井市長に初V報告 関西を盛り上げたい

■ICTを活用工事スマート化 夢洲まちづくり本部

■「うめきた2期」いよいよ着工 梅田がみどり≠フ都市空間に

■新大阪駅に新エリア 3月にフードコート誕生

■新旧の大阪 光で再現 大阪城イルミナージュ

■ニュースを違った角度から 「国債は借金? 貨幣発行?」


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop