週刊大阪日日新聞

大阪市(北・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2021/2/27

感染者、すぐ入院できず

府内の高齢者施設 病床逼迫で入所継続に


▲現在の施設内で入所者(右)の体をベッドから起こす職員。食事や入浴の介助をするときはフェースシールドを着けて対応し、細心の注意を払っている(ホームさつき提供)

 「早急な入院を希望します」−。昨年12月12日、守口市の介護付き有料老人ホーム「ホームさつき」で、入所者2人が新型コロナに感染していることが判明した。副部長の大倉直也さんは、保健所に直ちに入院できるよう求めたという。

重症化の割合高い

 ところが、保健所は「重症度が高い人が優先になる」と説明。感染した2人のうち1人は無症状で、もう1人は37度程度の熱があり、食事はほぼ口にできない状態だったが、2人とも軽症と診断されたという。

 当時の入所者は39人で、平均年齢は85〜86歳。高齢者が感染した場合は、若い人よりも重症化や死亡する割合が高いとされている。「ホームさつき」では、入所者が24時間集団で生活しており、職員は食事や入浴、排せつの介助も行うため、距離の確保が難しく、感染リスクと隣り合わせだった。

 感染した2人の居室があった4階では、全て居室内の食事に切り替え、食器は使い捨てに変更。介助する職員との距離が近づくため入浴も控えてもらい、体を拭いて対応した。職員はフェースシールドと普段着慣れていないガウンを着て介助に当たった。

ウイルスへの恐怖

 目に見えないウイルスへの不安の中、「職員は精神的に追い込まれた状態だった」(大倉さん)。熱のあった入所者は12月17日に入院が決まったが、無症状だった入所者は入院できないまま1月中旬に経過観察が終了した。

 濃厚接触者に認定された職員は、2週間の自宅待機となりスタッフが不足。運営法人に応援を頼み、介護職員と看護師を派遣してもらって持ちこたえた。大倉さんは「入所者を守る使命感を持っていたからこそ、恐怖の中でも最後まで頑張ってくれた」と振り返る。

 続けて「病床は逼迫していたと思うが、持病のある高齢者が集団生活しているので、重症や軽症に関係なく、すぐに入院させてほしかった。それがクラスター(感染者集団)を発生させないことにもつながる」と語る。感染者が出た場合に備えて、普段から対応方法をシミュレーションしておくことも重要だと感じている。

 府は、病床が逼迫する状況では全ての人の入院調整を行うことは困難が伴うとし、優先順位の高い人から順次、調整を行っている状況だ。

■大阪市「見回り隊」が出発 まん延防止等重点措置適用で

■広域一元化条例が成立 成長戦略や都市計画、市から府へ 大阪市 全国初の事例

■復活した精華の調べ 閉校ピアノ設置 「なんばCITY」

■4月から暮らし、こう変わる 値上げが家計を圧迫 同一労働同一賃金 中小企業にも拡大

■「太閤園」 創価学会が取得 2月に売却を発表していた藤田観光

■大阪市 聖火リレーの中止 吉村知事「ランナーの方、申し訳ない」

■桜スタジアムが改修完了 日本一の親近感≠

■カーボンニュートラル実現への新事業も 大商が21年度事業決定

■13校が再編の検討対象に 府公立高校入試 3年連続定員割れ

■好奇心旺盛のホウちゃん ホッキョクグマの赤ちゃん一般公開

■大阪を世界の金融ハブに 官民共同の推進組織が設立総会

■大阪府公示地価 商業地8年ぶり下落 交通利便の住宅地 都島区は上昇傾向

■「プチプライスでお部屋をおしゃれに」 ダイソーのセレクトショップ リンクス梅田に1号店

■コロナ禍でも過去最多の採用 「焼肉きんぐ」の物語コーポレーション

■「複利効果は人類最大の発明」 新米投資家記者の勉強会

■通勤、観光も電動シェアサイクルで JR大阪駅など市内80カ所

■大丸梅田店がまるごとミュージアムに バンクシー作品も登場

■日本酒アイス専門店 期間限定で登場 阪急うめだ本店9階


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop