週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2021/7/24

金利が上がると、なぜ株価が下がる?

新米投資家記者の勉強会

 日本株は長らく超低金利だから実感しにくいが、米国の株価の行方を知るには長期金利(債券利回り)の動きがとても重要な情報源だ。日本株も結果的に米株式市場の影響を受けやすいから、チェックしておきたい。例えば、米国の金利高の影響でNYダウが下落すると、日本株式市場も同じように下がる傾向だ。

 では、株価に影響する長期金利(債券利回り)は何を参考にするかというと【米10年債利回り】が一般的だ。この債券には短期、中期、長期と種類が多いが、長期の10年が一つの目安となる。ちなみに、執筆時(16日)の米10年債利回りは1・3%、日本の10年債利回りは0・02%となっていた。

 そもそもなぜ長期金利が上がると株価が下がるのか? 単純には「金利が上がると銀行預金の利息が増える。それならリスクのある株に投資しなくていい」とみんなが考えるから。株は上がれば儲けが大きい一方、下がるリスクもある。だから、金利が上がるなら「安全な債券に投資した方がいい」と考える投資家が増える、もしくは株を買いたい人が減るから株価が下がるんだ。現在の米金利の1・3%は実は歴史的な低水準で、今の株高の大きな理由の一つになっている。

 長期金利のほかにも、投資家の心理を数字で表した恐怖指数「VIX指数」も株価変動の参考になる。株価の先行きの値動きが荒くなりそう、ボラティリティー(振れ幅)が高くなりそう、と予想する投資家が増えるとVIX指数が上昇する。通常10〜20の範囲で動くとされるが、30を超えると警戒領域とみられる。コロナショックのときは約80に上昇した。

 個々の企業(銘柄)の株価は、決算や好悪材料ニュース、業務提携、株式分割、自社株買い、増配(優待)、東証1部への鞍替えなどで変動するが、なんといっても市場全体の地合いが大きく影響するのだ。

■2025年大阪・関西万博 再生医療など近未来医療展示 大阪パビリオン概要発表

■「大阪公立大」 認可を報告 世界大学ランク200位以内を

■聖徳太子没後1400年 壮大な事業 100年前に思い

■大阪10月から最低賃金 28円上げ992円に 中小企業に支援策利用を呼びかけ

■アートに囲まれバスケ アメリカ村にコート完成

■「チーム往診」立ち上げ 府と医師会が連携

■全国選抜小学生プログラミング大会 2021大阪大会の挑戦者募集

■軍艦島で理想の町♀wぶ 鶴見南小の教諭が教材開発

■悪天候重なり7月は苦戦 コロナ禍の献血

■親子で野球グラブ作り 三井アウトレットパークと本紙が共催イベント

■QRコードで接近情報確認 大阪シティバス全停留所

■秀吉が演じた能を再現 5演目、12月まで毎月上演

■本紙記者がお金≠フ授業 会計ソフト最大手「弥生」社員に親子セミナー

■大阪でも運用開始 「抗体カクテル療法」とは?

■全国学力テストの結果公表 [国語] 読むこと [算数 数学] 図形に課題

■コロナ禍も 正月楽しく 高島屋、来年のおせち発表

■Honeys(ハニーズ) イオンモール大日2階に移転オープン リーズナブルでかわいい秋物を先取り♪


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop