週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2021/9/11

「大阪公立大」 認可を報告 

世界大学ランク200位以内を


▲会談した辰巳砂学長、西沢理事長、松井市長、吉村知事(左から)

 大阪府立大と大阪市立大を統合してつくる「大阪公立大」の新設が国から容認されたことを受けて、運営法人のトップが9月3日、大阪市役所を訪れ、吉村洋文知事、同市の松井一郎市長に認可を報告した。新大学は2022年4月に開学を予定しており、基本構想では、世界大学ランキングで「200位以内」に入ることを目指している。

 新大学を巡っては、12年に府と市による「新大学構想会議」を設置。13年に統合関連議案が市議会で否決されたものの、19年に運営法人を先行統合し、8月27日付で文部科学省の認可に至った経緯がある。

 両者の会談では、運営法人「公立大学法人大阪」の西沢良記理事長と来年度から学長に就任予定の辰巳砂昌弘・府立大学長が認可書を披露。知事在任中、計画段階から関わった松井市長は「シンクタンクとして、都市経営に有益な情報を提供できる大学をつくってほしい」と応じた。

 記者会見で辰巳砂・新学長は「大阪という都市に直結した大学。どうすれば大阪の皆さんが幸せになれるのかを最大のテーマとしたい。さまざまな社会課題に果敢にチャレンジしていく人材を育成していく」と述べた。

 新大学の学部入学定員は約2850人、大学院を含む全体の学生数は約1万6千人を見込んでおり、国公立大では全国3番目の規模に。医学部や獣医学部など12学部・学域でのスタートで、25年4月には大阪城公園の東部、森之宮地域(同市城東区)の一画に新キャンパスを開設する方向性が示されている。

■2025年大阪・関西万博 再生医療など近未来医療展示 大阪パビリオン概要発表

■「大阪公立大」 認可を報告 世界大学ランク200位以内を

■聖徳太子没後1400年 壮大な事業 100年前に思い

■大阪10月から最低賃金 28円上げ992円に 中小企業に支援策利用を呼びかけ

■アートに囲まれバスケ アメリカ村にコート完成

■「チーム往診」立ち上げ 府と医師会が連携

■全国選抜小学生プログラミング大会 2021大阪大会の挑戦者募集

■軍艦島で理想の町♀wぶ 鶴見南小の教諭が教材開発

■悪天候重なり7月は苦戦 コロナ禍の献血

■親子で野球グラブ作り 三井アウトレットパークと本紙が共催イベント

■QRコードで接近情報確認 大阪シティバス全停留所

■秀吉が演じた能を再現 5演目、12月まで毎月上演

■本紙記者がお金≠フ授業 会計ソフト最大手「弥生」社員に親子セミナー

■大阪でも運用開始 「抗体カクテル療法」とは?

■全国学力テストの結果公表 [国語] 読むこと [算数 数学] 図形に課題

■コロナ禍も 正月楽しく 高島屋、来年のおせち発表

■Honeys(ハニーズ) イオンモール大日2階に移転オープン リーズナブルでかわいい秋物を先取り♪


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop