週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2021/10/9

大麻押収量、前年比6倍 

21年上半期大阪税関摘発


▲大麻リキッドや覚醒剤など大阪税関に押収された密輸入品=21日、大阪市港区

 大阪税関は9月21日、2021年上半期(1〜6月)の関税法違反による不正薬物の摘発状況を発表した。摘発された薬物の中では大麻の押収量が前年比6倍と大幅に増加し、大阪税関では警戒を強めている。

 不正薬物の摘発件数の内訳は、覚醒剤=9件(押収量19キロ)▽大麻=15件(同25キロ)▽麻薬=12件(同2キロ)▽中枢神経の興奮や幻覚作用がある指定薬物=14件(同1キロ)―だった。そのうち、大麻は前年比で件数は前年比7%増だったが、押収量は大きく増えた。

 大麻の中でも液体化してたばこなどに混入する大麻リキッドなどの大麻樹脂は22キロと同13倍の伸び。具体的な摘発例としては3月、米国からワックス缶に偽装して約13キロを持ち込もうとした案件があった。

 大麻全体としては国内では14年から増加傾向にある。大麻リキッドはカートリッジ状の電子たばこなどにも使用が可能。同税関では「大麻草や樹脂、リキッドともに米国などの一部の州で合法化し、市販品などが入手しやすくなっていることが背景にあるのでは」と推測している。

 このほか、中国から持ち込まれた日本企業の株主優待券など偽造有価証券などの押収例も紹介。同税関では薬物も含めて「ネットなどを通じて、興味本位や安易に購入することのないようお願いしたい」と呼び掛けている。

■阪神電車 大阪梅田駅に新1番線 10月30日から供用開始

■大型イベント誘致注力 大阪観光局

■USJとポケモンが提携 2022年にアトラクション登場

■ポケモンと遊ぼう! 色テーマに体験型企画

■100%再生エネ利用マンション 茨木で展示

■未知やすえさんが一日署長 特殊詐欺被害防止訴え

■記念フォトブックウェブ予約開始 ホウちゃん1歳

■留学生インターンに利点 帝国ホテル受け入れ

■「早ければ24日にも」全面解除 酒の提供や時短営業

■ランタン装飾で台湾ムード あべのハルカス

■予約なしワクチン接種 4会場でスタート

■双子ファミリーを応援 阪急百貨店うめだ本店

■鶴見緑地をラクラク移動 トヨタの最新モビリティ全国初導入

■ウチの土地 上がった? 下がった? 府地価調査


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop