週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2021/11/13

チアドライブ 愛車にステッカー貼り副収入

ファンのコミュニティーで拡散も

 一般のドライバーが愛車に企業のステッカーを貼り、走行距離に応じて収入や特典を獲得できるサービス「チアドライブ」。現在、登録者は全国で約1万2000人。大阪も約1000人が登録する新サービスの仕組みに迫った。

 チアドライブの仕組みは簡単だ。ドライバーは専用アプリから自分の好きな商品・サービスを選び、送られてくるステッカーを愛車に貼って走行。走行距離に応じて副収入を得たり、グッズなどの特典を得られたりするなどのメリットがある。

 一方の企業はステッカーを貼った車が全国を走ることで、商品やサービスを宣伝できる。双方がウィンウィンの関係を築けるのが特徴だ。

 サービスは今年3月に開始し、角川ドワンゴ学園のN高・S高、クリエイティブ分野に特化した実践スクールのバンタンなどすでに16キャンペーンが実施された。

 具体的な特典を見ていくと、駐車場予約アプリ「akippa」のキャンペーンでは走行距離1キロあたり5円の報酬特典を実施。一方、育成ゲーム「アイドルマスター」は、オリジナルの限定パーカーがもらえる特典が実施され、ネット上で爆発的な話題に。プロバスケットボールチーム「琉球ゴールデンキングス」は走行1000キロで非売品のオリジナルTシャツを進呈。それぞれファンがステッカーを貼った愛車をSNSに投稿したり、ニュースサイトに転載されたり2次的、3次的な拡がりも起きている。

 北海道テレビ制作の深夜番組「水曜どうでしょう」から着想したという チアドライブ。「大学で横浜に越して来たとき、番組ステッカーを貼った車をたくさん見かけ、『どれだけ番組の信者なんだ?』と衝撃を受けたんです。私自身はどんな番組かを知らなかったので、気になって観てみたら自分もファンになった」と同社の保科昌孝社長。この実体験を経て「自分の応援したいコンテンツを周りに伝えるパワーはすごい」と感じ、ビジネスを考えついたという。「一般人と企業が相互に応援し合う、人間の感情が乗った新しい文化を作っていきたい」(保科社長)。詳細は「チアドライブ」で検索。 https://cheerdrive.jp/

■岸田カラー&ェ配重視 給付膨らみ財政支出過去最大

■コロナ感染者 急速減少の理由は… 「ワクチン効果」「行動変化」ともに複合的要因

■関西でも列車内の防犯強化 東京・京王線刺傷事件などを受け

■寛平マラソン「やっとできる」 3年ぶり開催

■1年遅れの成人式をUSJで 大阪市 来年1月に2日に分けて開催

■大阪府内の6カ所がワースト上位 「危ない交差点」

■芭蕉しのび献句 明浄学院高 生徒ら作品など

■大阪版「GoToキャンペーン」開始 大阪府民限定、宿泊最大5千円割引

■桜坂6年ぶり(男子) 墨江丘が初V(女子) 大阪中学校駅伝

■生演奏の迫力を楽しむ JOTO JAZZ 2021

■星野リゾート「OMO7」 来年4月22日開業 宿泊者と大阪つなぐ 街楽しむ仕掛け多彩

■「がもよんモデル」グッドデザイン賞受賞 古民家再生でエリア全体の魅力を発信

■「のぞみ」で子供分が無料に JR2社、11月24日〜12月19日限定

■御堂筋で光の道はじまる

■大阪市で12月から 買い物応援キャンペーン キャッシュレスで最大6000円分

■チアドライブ 愛車にステッカー貼り副収入 ファンのコミュニティーで拡散も

■カルビーが鬼滅の刃<`ップス発売

■2021年生まれ 人気の名前は「蓮」「陽葵」「紬」

■ダウンタウンら大阪万博PR 応援動画公開

■3年目の関西演劇祭 実行委員長に吉岡里帆


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop