週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2021/12/25

日本在住の27カ国籍のママ達と

「親子で世界と繋がろう!」


▲レイノルズ容子代表(右)とメンバーのシカンブリさん

 「英語で遊ぶ」をコンセプトにバイリンガル育児コミュニティ「Global MOM to MOM」(大阪市城東区、レイノルズ容子代表)はは大阪城公園でイベント「国際交流ピクニック」を開き、イギリス、ロシア、インド、アメリカ、日本など多国籍ファミリーが参加して交流を深め合った。

 『Global MOM to MOM』は外国人と日本人の親子が英会話を通して、フラットな関係でつながる会員制コミュニティ。現在、27国籍、220家族の外国人ママたちが主体的にダンス、ヨガ、クッキング、アート、クラフト、飲み会など自らのスキルや趣味を生かしたイベントを月に約30回開催。参加した子供らは、遊びを通して英語力を向上させている。

 5日、開かれたイベントではツイスター、サイモンセッズ、ホットポテト、ピニャータなど海外の子どもの遊びやゲームが催され、参加した世界各国の親子らが英語が自然と飛び交う英語環境の中でピクニックを楽しんだ。

 代表のレイノルズさんは「同じ趣味のママ、子供の年齢が近いママ、お家が近いママを見つけて、ぜひ繋がってください」と呼び掛け、スキルを生かして参加した留学経験があったママさんは「先生と生徒という関係だけど、Global MOM to MOMは家族で国際交流ができ、その中で英語が身についていくのが魅力。自分のリフレッシュとスキルアップにもなるので、うれしい」と話し、国際結婚したママも「子どもの友達はみんな日本人だけだったのが、参加を機に見た目も多様化し、世界に興味を示すようになった。同年代で英語を自由に話せるのが新鮮で、楽しんでいる」と笑顔fで話していた。

 レイノルズ容子代表は「私がこのプロジェクトで目指すものは、英語力UPだけではなく、国際感覚が身についたグローバルシティズン(地球市民)の育成です」と話している。

■大阪府、入院基準を厳格化 オミクロン株、急拡大で

■硬貨入金に手数料 ゆうちょ銀行

■合格へ智慧の輪くぐり 四天王寺で祈願法要

■晴れ着に身を包み「みおつくしの鐘」鳴らす 大阪市の新成人

■コロナ飲み薬 バイク便で自宅配送

■10チーム、堂々とプレゼン 「高校生ビジネスプラン・グランプリ」発表会

■【もりかどECマーケット】を開設 地元の人気商品&メニューを紹介

■笑顔 元気で後押し 今宮戎福娘が日日新聞を表敬訪問

■2年ぶりに無観客で開催 大阪市出初め式

■サッカー場で防災学習 ガンバ大阪、ホームグラウンド開放

■100年分の感謝込めて OSK日本歌劇団

■大阪メトロ分譲マンション参入 上本町駅前に第1号

■住民にIR区域整備計画案説明 大阪府・市

■関西ジャズ界の実力者が集結 JOTOJAZZ

■しめ縄づくりを体験 日本の文化を子どもたちに

■不用品回収に親切・ていねい≠フ価値を 大阪 不用品回収ゼロ(株)パルティーレ

■ハルカス展望台で大型マッピングショー 最大80mと迫力満点! 神戸ポートタワー彩る

■牛丼チェーンの値上げ。それでも、安くない?


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop