週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2022/1/15

晴れ着に身を包み「みおつくしの鐘」鳴らす

大阪市の新成人


▲関係者が見守る中、鐘に結び付けられた紅白の綱を引く2020年度の新成人ら

 成人の日の1月10日、大阪市北区の市役所本庁舎で、屋上にある「みおつくしの鐘」を新成人がそろって打ち鳴らす「打鐘のつどい」が開かれた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴って延期になっていた2020年度と、本年度の新成人計44人が合同で出席。華やかな晴れ着や凛々しくスーツに身を包んだ若者が中之島一帯に鐘の音を響かせ、決意を新たにした。

 この日、参加者らは鐘に結んだ紅白の綱を松井一郎市長らとともに引き、歩んできた年齢にちなんで年度ごとに鐘を10回ずつ、計20回鳴り響かせた。各年度の代表が「生まれ育った大阪で受けた恩をこの街の未来へと返していきたい」などと記した宣言文をそれぞれ読み上げた。

 20年度新成人の同志社大3年、石上恭子さん(20)=同市福島区=は「1年前からきょうが待ち遠しく、鐘の音を聞いて成人した実感がようやく湧いた。自覚と責任を持った行動で、新しいことに挑戦していきたい」とすがすがしい表情で誓った。

 府によると、府内の新成人は昨年より2238人少ない8万8353人。このうち2万4579人が成人した大阪市では9、10の両日、各区で本年度の新成人を祝う式典があった。

■「鬼滅の刃」物語の世界へ 直筆原画約400点展示

■オンライン診療開始 若者軽症者対象

■大阪中学校優勝野球大会が開幕 激戦突破の16チーム熱闘

■映画「TANG タング」とコラボ 梅田エリア巡回バス「うめぐるバス」

■大阪メトロ、オンデマンドバスで開始 月額2万2000円で専用停留所

■「3年コース」で難関校目指す 関西私学に新しい風

■万博千日前、盛り上がれ ミナミ夏祭り&にぎわいスクエア

■府立生野高初優勝 「写真甲子園2022」

■安い国ニッポン Spyce Media LLC 代表 岡野 健将

■逃げ場ない恐怖パワーアップ 地獄のゾンビ観覧車リニューアル

■夏休みは親子でワークショップ ルクア大阪

■「京橋S6横丁」オープン はしご酒≠ノぴったり

■京都・四条烏丸「ざ・らくちん室町横丁」リニューアル 大人の居酒屋集結


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop