週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2022/5/14

16階だから「イチロクグルメ」

大阪駅「サウスゲートビル」の飲食フロアがリニューアルオープン


▲本格四川料理が楽しめる「中国料理ロドス」

5月31日まで「イチロク祭」

 大阪ターミナルビルが運営する大阪ステーションシティ・サウスゲートビル16階のレストランフロアが4月28日、リニューアルオープンした。名称を「うまいものプラザ」から16階フロアにちなんで「イチロクグルメ」と改めた。

 既存の10店舗に加え、新たにオムライス・パンケーキの「サロン卵と私」、焼き肉店「肉の匠 永田屋」、大阪初出店のハンバーグ・ステーキ店「PIER30GRILL(ピアサーティーグリル)」の3店舗がオープン。


▲1600円(税込み)の「選べる麺、飯セット」を用意する「ロドス」

 リニューアルオープンを記念して各店舗では5月31日まで「イチロク祭」と銘打ち、限定メニューやキャンペーンを実施している。あっさり味からピリ辛料理までの本格四川料理が楽しめる「中国料理ロドス」は、「選べる麺、飯セット」1600円(税込み)を用意、マネージャーの石田広由さんは「人気の麻婆豆腐は山椒とラー油のバランスにこだわっています。ぜひ、堪能してほしい」と話す。

 釜揚げスパゲッティーの専門店「洋麺屋 五右衛門」は、2種類の味が楽しめるハーフ&ハーフを注文の人にドリンク1杯をサービスしている。 主任の新瀬吏庫さんは「季節の食材を使ったメニューがおすすめです」と説明した。

 同ビルの担当者は、「敷居が高いイメージのある高層階の飲食フロアを『イチロク』と表現し、気軽に使いやすいカジュアル感を演出しました」と話す。

 ゆったりと利用できるようにフロア全体の内装を一新。共用スペースに買い物客が休憩できるパーティション付きのベンチやグリーン、天井には空気清浄機を設けた。今夏以降は、第2期となるリニューアルオープンも予定している。


▲「洋麺屋 五右衛門」は、2種類の味が楽しめるハーフ&ハーフを注文の人にドリンク1杯をサービス

■週刊大阪日日新聞が出版する新刊のご案内

■自動運転実用化へ実証実験 舞洲で第1クール終了

■夏の水道料金を免除 大阪市 物価高で負担軽減

■みんなを明るく元気に 大阪国際中高吹奏楽部演奏会

■大阪市 防災情報システム再構築 収集や共有 迅速に

■認定時期、今秋ごろを想定 IR整備計画の認定を申請

■海を見ながら食事満喫 ATCにフードコートオープン

■USJで期間限定ワンピースイベント 劇場版最新作と完全連動

■新世界・星野リゾートホテル開業 相乗効果を商人歓迎

■「うまい棒」公式店開店 神っぽく「うまえもん」鎮座

■ガスビル大規模改修へ 2030年ごろ工事完了

■韓国 済州島をPR JEJUマルシェ開幕

■大画面で詐欺手口紹介 地元RC協力、啓発動画公開

■駐輪場探し役立てて 北区が検索マップ、放置対策も

■通天閣のスライダー開業 新世界に新アトラクション

■ボードゲームで自己理解 90分で「行動傾向」「強み」「価値観」が判明!

■大阪メトロ 駅舎リニューアルデザインを発表 海を望む展望デッキも


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop