週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2022/6/11

笑いのバトン次へ 

桂文枝「落語家55周年記念独演会」


▲「次世代にバトンタッチするまで」と意欲を示す桂文枝=中央区のなんばグランド花月

 上方落語協会・前会長の桂文枝が、自身79歳の誕生日であり六代襲名10周年記念日となる7月16日に大阪市中央区のなんばグランド花月(NGK)で「落語家55周年記念独演会」を開催する。

 当日ゲストは江戸落語の長老・林家木久扇(84)、共に吉本興業の屋台骨を支えてきた西川きよし(75)。そして関西大の後輩で自身が講師時代に教え子だったお笑いコンビ「ジャルジャル」の後藤淳平(38)、福徳秀介(38)。

 文枝は「吉本の長い歴史のちょうど半分を、落語家として所属させてもらった。感謝してもしきれない」としみじみ。木久扇について「けがをされた時『笑点』の大喜利に呼んでもらったので…」とお返しの意味合いを示した。

 西川について「先日、沖縄で映画祭がありレッドカーペットを歩きあいさつになった。偶然、西川さんと掛け合うような形になって、その感触とお客さまの反応が良かった。“伝説の一日”のダウンタウンのようにその場の雰囲気で即興でやるのは無理だから、できるだけ稽古して面白い漫才をしたい」と、“きよし・文枝”の本邦初漫才をアピール。

 さらにキングオブコント王者の「ジャルジャル」については「昔は自分たちの考えた難しいネタを“かたくなに守る”みたいなところがありましたが、最近は大衆受けしようとする柔軟な姿勢になり成長を感じている」と高く評価。「難しい、ややこしい彼らのコントにボクも絡めればいいなぁ」と、コント参加まで口にした。

 また得意の創作落語にも「コロナ真っ最中の昨年1月に妻と実母を続けて亡くした。精神的につらくて既に300作を超えた創作落語はしばらく作ってなかったんですが、最近3作ほど構想が浮かんで来た。再開するつもり」と意欲たっぷり。

 「長寿番組『新婚さんいらっしゃい!』も私が元気なうちに無事、司会役をバトンタッチできた。後は“人生の総仕上げ”。僕が今日あるのは、エンタツ・アチャコ先生ら先人が吉本興業をここまで育てて頂いたから。僕の役割は次の世代に笑いのバトンを手渡すこと」。マルチな活動を広げていく決意だ。

■彩凪さん特大ポスター並ぶ 元宝塚歌劇団雪組男役スター

■「田舞」奉納など五穀豊穣を祈願 住吉大社「御田植神事」

■大阪万博「大阪パビリオン」外観公表 屋根から水が流れる幻想的空間

■ネット中傷抑制に期待 「侮辱罪」厳罰化 改正刑法が成立

■2022まるごととっとりin大阪 スイカ振る舞いやクイズ

■包括連携協定を締結 フジ医療器と太子町

■住民ら平和祈る 大阪大空襲の日

■児童「命の尊さ受け継ぐ」 阪教育大付属池田小事件から21年

■遊歩道緑化、清掃に尽力 石原さん(西区)が受賞

■「せいタン」Tシャツ、できた 城東の聖賢小

■グリーン車使用「ダメ」 大阪府議会で改正条例可決

■「屋外はマスクを外して」 大阪市、熱中症予防を呼びかけ

■リレー落語で新ジャンルに 「五楽笑人」第一回公演

■和牛に合う酒「和牛讃歌」 堺の蔵元が開発

■おもしろい食感のスイーツイベント 阪神梅田本店

■A5雌牛の肉寿司 期間限定で販売 JR天満駅前の神楽亭

■7月2、3日に夏祭り 京橋東商店街

■雨の日がお得に ホテルニューオータニ大阪


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop