週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2022/8/6

逃げ場ない恐怖パワーアップ 

地獄のゾンビ観覧車リニューアル


▲暗闇の恐怖度が増したゾンビ観覧車

 エキスポシティ(吹田市)にある高さ日本一の観覧車「オオサカホイール」の体験型ホラーアトラクション「地獄のゾンビ観覧車」がリニューアルした。外が見えない暗黒≠フゴンドラで1周18分間。逃げ場の無い恐怖がさらにパワーアップした。


▲ゾンビの世界観を表現した特製ドリンク
柑橘系のフレーバービール「ゾンビール」(700円)とコーラベースのジュース「ゾンビドリンク」(500円)

 アトラクションは、オオサカホイールを運営するEXPO観覧車と、ホラーイベント企画、プロデュースの「闇」がタッグを組んで2020年にスタート。展望が売りのゴンドラ4台を暗黒空間にする逆転の発 想≠ェ話題を集め、利用者は3万5千人を数える。

 新バージョンは、凶暴化したゾンビが街にあふれる世界で、ショッピングセンターに逃げ込みゴンドラに飛び乗った人たちの物語。ゾンビは人の存在を瞳孔で察知し、見つからないポイントは「目を開けない」。

 前回は映像主体の演出だったが、今回は搭乗時に専用サングラスをかけ、視界を奪われた状態でスタート。立体音響や振動シート、さらに「何かが触れるような」「何かが動いたような」新演出が盛り込まれ、恐怖に拍車をかける。

 担当者は「キャッチコピーは、絶対に目を開けるな。しっかり目をつぶって暗黒から生還してください」とアピールしていた。

■大丸・梅田店で「尾崎豊展」 創作ノートや愛用品展示

■吉岡氏の功績に感謝 本紙社主 大阪でお別れの会

■星野リゾート初 エアポートホテル誕生 2023年冬開業予定

■人気アニメ「呪術廻戦」登場! USJに新アトラクション

■給与デジタル払い 政府、23年春にも解禁

■すべての通園バスに設置 政府安全装置$ン置で調整

■小学校教員競争率、最低更新 2.5倍、22年度採用―文科省

■大阪・関西万博ナンバープレート 26日から事前申込受付開始

■10月から2000円値上げ 大病院で紹介状なし初診7000円に

■「麒麟のまち」知って 大阪で移住促進イベント

■堺トラム「茶ちゃ」塗装費用をCF 目標金額100万円、12月3日まで募集

■最先端の店舗DXが体験 USEN-NEXT GROUP

■中小経営者の高齢化問題 解決へ 事業承継M&Aで、中小企業と地域を活性化

■カワイ過ぎて食べらんな〜い スイスホテル大阪南海

■名物ラーメンが大集合の無人店 守口市&門真市

■巨大肉≠ェ まるでマンガ なんばシティ地下1階

■「会社の住所ですか? 梅田っす」 GMOオフィスサポート

■アソビュー!調査 この秋行きたい、お出かけ先は?


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop