週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2022/11/26

国民年金 納付5年延長へ

負担額≠ニもらえる額 どう変わる?


image

少子高齢化で財源確保

 「年金危機」が叫ばれて久しいが、政府は先月、国民年金保険料の納付期間を、これまでの40年間から5年延長して45年間とする案を議論する方針を決めた。実現すれば、20歳から始まる納付の対象者は現行の「60歳になるまで」から「65歳になるまで」に延びる。また、国民年金に加入している自営業者らは「5年延長」で100万円の負担増に。

 背景にあるのは「少子高齢化」で、働く世代が少なくなる一方、年金を求める高齢者が増え、財源確保が難しい状況になっていると言うことらしい。政府は2025年には国会での改正法案提出を目指す考えだ。

国民年金改悪? 納付期間の5年延長
5年で負担増100万円
だが、増える年金は寸志≠ゥも…

 国民年金の納付期間を延長する議論は、5年ごとに公的年金制度の財政検証として行われている。保険料の納付期間を40年から45年に延長する試算も、2019年の財政検証ですでに示されていた。

 国民にとって心配なのは老後資金の目玉≠ナある年金の払い込みが延長される分、もらえる額にどれだけ反映されるのかだ。

 現在は60歳以上で会社員を退職した人が、国民年金の保険料を納めなくてよいが、納付期間が5年延長される場合、65歳まではたとえ無職でも保険料を納めることになる。つまり、現在60代前半で、自営業やフリーランスの人も、いや応なしに保険料を納めなければならなくなるということだ。その負担額は5年で約100万円になるから、影響は大きそうだ。

老後のリターンは?

 ただ、将来もらえる年金が増えるのならば、メリットとデメリットは表裏一体だ。シミュレーションが出ている以上、支払額だけ増えて、受給額は現行のまま、ということは考えにくい。

 現行の国民年金の受給額(老齢基礎年金)は、40年間フルに納めたケースで月額6万4816円(年77万7800円)。基礎年金には『国庫負担』という国の税金が2分の1含まれている。このため、受給額はこの国庫負担分の有無によって異なってくる。

 保険料を45年間納めると、納付総額は895万8600円。それによって受け取ることができる年金額は、税金が投入されないケースでは、月額6万8866円と約4050円増になる。65歳から受給をスタートした場合、10年10カ月を超えると元が取れる計算だ。国庫負担分が現行どおり投入された場合は、受給額が月額約8100円増。元を取るまでの期間が10年3カ月に圧縮される。

 しかし、もらえる年金よりも、政府の財源不足の穴埋めに使われることになれば、寸志£度の増額にとどまる可能性もある。

老後プランに見直し必要かも

 これまでのように60歳で退職した後、少しゆっくりしたいと考えている人は、国会の行方次第で予定が変わってしまうかもしれない。仮に納付期間が65歳まで延びた場合、やるべき対策といえば、長く働き続けることだろう。

 すでに年金だけではない老後資金対策をしている人も多いが、まずは健康に留意して可能な限り働き続け、iDeCo(個人型確定拠出年金)や、国民年金の対象者の場合、国民年金基金の活用など、さまざまな老後資金の確保方法を考える必要がありそうだ。

■30年に全国荷物35%運べず 物流残業規制で人手不足

■ウィズコロナ社会 今春から本格化へ 経済の活性化に歓迎も「5類」変更に戸惑い

■関西最大級のバレンタインイベント開催 バレンタインチョコレート博覧会2023

■未就園児、保育所で預かり 政府、モデル事業実施

■へんてこりんな世界に誘う 「不思議の国のアリス」展

■「新2番線」を供用開始 阪神の大阪梅田駅

■京橋でAIを活用した街づくり スマートシティの実現を目指して

■大阪市の路上全面禁煙 一方、深刻な喫煙所不足も

■民生委員の欠員、戦後最多 大阪府内でも充足率9割切る

■紀伊水道沖まで運び沈める 大阪・淀川のクジラ「ヨドちゃん」

■「自動化」をデジタル庁検討 マイナンバーと口座の紐付け

■インボイス登録 事業者の3分の2 申請期間を4月以降も延長

■守口市長が不出馬表明 統一選同日、経費削減へ

■「鹿児島うまかもん祭2023」開催 ホテルグランヴィアで冬の恒例イベント

■民間企業で段階的に2.7%へ 障害者の法定雇用率

■大阪隔月開催、全国展開目指す 吉本が異業種交流会

■一部路線バスで27日から 大阪バス「ICOCA」導入

■ティッシュ再値上げ でも大阪は安い? 集客の目玉商品になる可能性も

■国内初のLNGフェリー就航 大阪─別府 「さんふらわあ くれない」 上質なクルーズ 船内一段と豪華に

■カフェからはじまるダイビングの世界 ダイビングスクール楽髪(福島区)

■日銀の金融政策が世界から注目されたワケ 投資2年目記者の勉強会


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop