週刊大阪日日新聞

大阪市(北・西・福島・中央・都島・城東・旭・鶴見区)・守口市・門真市
(社)日本ABC協会加盟紙 251,012部

2023/1/14

「デザインで地元盛り上げ」

城東の醸造所


▲最優秀賞に選ばれた中島さん(中央手前)と、(左から)小林取締役、和田代表、上好理事長

 地域の空き家活用と障害者の就労支援を目指し、今夏オープンした大阪市城東区のクラフトビール醸造所が新たな一歩を踏み出した。瓶ビールの発売に伴いラベルデザインを公募したところ、住民のデザイナーが手掛けた作品が最優秀賞を受賞。就労する人たちがラベルを貼り付け、周辺の飲食店への提供などで販路を拡大していく方針で、受賞者は「デザインで地元を盛り上げていきたい」と意気込んでいる。

 醸造所は、「がもよん」の愛称で親しまれている同区蒲生4丁目の「ガモヨンブリュワリー」。築100年を超える古民家を改装し、今年8月に地域初のクラフトビール工房として開業したばかりだ。隣接する畑で収穫したホップを使用し、就労支援の利用者らが仕込みや醸造器の洗浄などを行う活躍の場としても注目を集めている。

 最優秀賞を受賞したのは、同区の中島紫保さん。キャラクターグッズなどの商品開発を手がけるデザイナーで、アイデアはビール好きの夫が愛飲する世界各地のビールラベルを見て研究。永く愛されるよう飽きのこない紺色を背景に、風情ある昔ながらの町並みと醸造所を「GAMO4」の文字で表現した。

 中島さんは普段から地元の古民家店舗を散策したり、地域イベントにも参加したりする“がもよん通”だ。交流サイト(SNS)でコンテストのことを知り、「得意分野のデザインで地域に貢献したい」と応募したところ30件を超える作品の中から選ばれた。

 12月19日に同所で表彰式が行われ、周辺地域の空き家再生事業を担う一般社団法人「がもよんにぎわいプロジェクト」の和田欣也代表、地元のまちづくりに携わる「スギタグループ」の小林一矢取締役、醸造所を運営する「燦然会」の上好功理事長から賞状と受賞作品のラベルが付いた瓶ビール1ダース、近隣の古民家店舗で使える商品券3万円分が贈られた。中島さんは「今後もデザインで地元を盛り上げていきたい」と力を込めていた。

 問い合わせは、電話050(8884)9180。

■30年に全国荷物35%運べず 物流残業規制で人手不足

■ウィズコロナ社会 今春から本格化へ 経済の活性化に歓迎も「5類」変更に戸惑い

■関西最大級のバレンタインイベント開催 バレンタインチョコレート博覧会2023

■未就園児、保育所で預かり 政府、モデル事業実施

■へんてこりんな世界に誘う 「不思議の国のアリス」展

■「新2番線」を供用開始 阪神の大阪梅田駅

■京橋でAIを活用した街づくり スマートシティの実現を目指して

■大阪市の路上全面禁煙 一方、深刻な喫煙所不足も

■民生委員の欠員、戦後最多 大阪府内でも充足率9割切る

■紀伊水道沖まで運び沈める 大阪・淀川のクジラ「ヨドちゃん」

■「自動化」をデジタル庁検討 マイナンバーと口座の紐付け

■インボイス登録 事業者の3分の2 申請期間を4月以降も延長

■守口市長が不出馬表明 統一選同日、経費削減へ

■「鹿児島うまかもん祭2023」開催 ホテルグランヴィアで冬の恒例イベント

■民間企業で段階的に2.7%へ 障害者の法定雇用率

■大阪隔月開催、全国展開目指す 吉本が異業種交流会

■一部路線バスで27日から 大阪バス「ICOCA」導入

■ティッシュ再値上げ でも大阪は安い? 集客の目玉商品になる可能性も

■国内初のLNGフェリー就航 大阪─別府 「さんふらわあ くれない」 上質なクルーズ 船内一段と豪華に

■カフェからはじまるダイビングの世界 ダイビングスクール楽髪(福島区)

■日銀の金融政策が世界から注目されたワケ 投資2年目記者の勉強会


週刊大阪日日新聞
最新号
毎月第2・第4土曜発刊
毎月第4土曜発刊
「大阪日日新聞」
電子版
電子版の詳細はこちら
アップルストア グーグルプレイ
日日チャンネル【Gotoキャンペーン編】/「宿泊」「ステーキ食べ放題」「お酒飲み放題」で、なんと! 2,500円 だった
pagetop